合宿免許の途中キャンセル

合宿免許は、あらかじめ指定された期間内でのドライビングスクールの卒業をめざすために、ドライビングスクール近くのホテルなどに宿泊をしつつ履修ができるようにしたプランです。

そのため、通常の学科教習、技能教習や仮免許試験の受験料、テキスト代などといったものはもとより、ホテルの宿泊費、食事代などもすべて込みの料金となっているのがふつうです。



このような合宿免許では、いったん入校してしまえば、以後は卒業までは帰宅することなく、ノンストップで履修をすすめるのが通例です。



これをなんらかの事情で途中でキャンセルする場合ですが、合宿免許はそもそも日程的にタイトに設定されているため、ドライビングスクール側にとってみれば、かなりの手間になる事態といえます。

そのため、すでに支払っている代金がまったく返金されなかったり、ある程度のペナルティを差し引いた上で返金されるというのが通例です。

少なくともすでに合宿免許がはじまっているのであれば、全額返金はないと考えたほうがよいでしょう。

一部のドライビングスクールでは、合宿免許の期間を仮免許の取得までとそれ以降の卒業検定までのふたつの段階に分けて、それぞれの期間を受講生が選べるようになっています。1週間程度であれば宿泊は可能であるものの、それ以上はなかなかアルバイトや仕事の関係でむずかしいという場合には、こうしたプランで1週間ずつに分けて受講するという方法もありますので、検討してみるとよいでしょう。